ケータリングサービス会社の選び方

 
忘年会やパーティーなどケータリングを依頼した催事が成功するか否かは、
良いケータリングサービス会社を見つけることが出来るか否かにかかっているといって過言ではないでしょう。
このサイトでは、良いケータリングサービス会社を選ぶポイントを見てみましょう。

 

最初のステップはネットによる複数社の候補選びです。
「ホームページの更新をしっかりと行っている」「ホームページで、ケータリングを行っている様子が写真などで確認できる」
「シェフや調理師の氏名や経歴などが紹介されている」会社にしたいものです。
あわせてそれぞれの会社の口コミも参考にしながら、絞り込みを行います。
次のステップで確かめたいのは、人柄・会社柄です。
実際に電話で問合せを行ったり出向いて社員やプランナーの対応を参考にしたりして確認し、
それによってさらに絞り込みます。

 

数社まで絞り込みができたら、ケータリングを頼む際の一番重要とも言える料理の点検です。
料理を点検する際は、実際に食べてみることに勝る方法はありません。
できればそれぞれのケータリングサービス会社のレストランに出向き、
ケータリングに含まれている料理を試食してみます。
味やボリューム、価格やこだわりを比較してみましょう。

 

これで最終的なケータリングサービス会社を1つに絞り込みます。
なお、催事によっては会社主催のイベントなどのように、
「会場設営や雰囲気作り」に高いウエートを置かなければならないケースもあります。
そうした場合には、最初のステップである候補選びの段階で条件の1つとして取り扱う必要があります。

今、人気のケータリング

ネット上にはケータリング業界全体の売上高や店舗数、
人気ランキングなど現状を数的に示す情報も調査・アンケート結果などを目にすることができません。
デリバリーに関しては、2013年に行った
食品宅配市場(宅配ピザ、宅配寿司、生協個配、ファストフード宅配など主要10分野の市場)を対象に行ったある研究所のデータが確認できますが、
これではケータリングの状況を知ることができません。

 

このサイトでは、ネット上のブログ記事などを参考にして人気のケータリングを紹介します。
ケータリングでは、世界各国の料理を扱ったメニューに人気のあるようです。とくに中華料理・フレンチ・イタリアンの人気が高いようです。

 

ゲストの年齢層が若いケースや女性中心のケースではフレンチやイタリアンが圧倒的に多く、
ゲストの性別や年齢に関係なく支持されているのが中華料理です。
フランス料理やイタリア料理が女性の支持を得ているのは、
チョッとおしゃれに味わえることがその要因でしょう。
中華料理は日本人なら子供の頃から馴染みがありますし苦手という人がほとんどありませんから、
ゲストの性別や年齢を気にする必要がないのが支持される要因と思われます。
なお、これら人気のケータリングにプラスして、
多くのケースで寿司のケータリングが利用されているようです。

 

こうしたなかで健康志向の時代を反映して高い支持を得ているのが、
「ベジタリアン向けのメニュー」を提供するケータリングだと言われています。
肉や魚を使わずほかの食材でその食感を味わうことができ、
オリーブ油などを利用することで不足しがちなコクも味わえます。
メタボやアレルギーの心配をしないで食事を楽しむことができるのが人気の要因と言えるでしょう。
 

更新履歴